本場徳島の味 東大

  • 東大メニュー
  • 店舗情報
  • スープの製造受託
  • 最新情報
  • 楽天市場店
  • Yahoo!店
  • ブログ

スープの製造受託

業務用ラーメンスープの委託生産を承ります

トウダイでオリジナルのラーメンスープを創りませんか?

  トウダイは四国の徳島にあります。弊社はラーメンスープのPB製品のOEM製造に注力しており、あらゆるお客様の
ご要望に合う味づくりをサポートしております。さらに読み進めていただき、サービスや商品ついて詳しくご覧ください。

 

 

☎お問い合わせ(0120453880) ✉お問い合わせ(oem@ramen-todai.com)


  お店の味づくりをお手伝いします

     たゆまぬ努力は、最良のものをつくる

ラーメンスープの製造業者をお探しでしたら、弊社にお任せください。トウダイは250キロ~の小ロットでも対応可能です。(※スープの種類により異なります)流通、配送なども、お客様のニーズに応えたサービスと適正価格で、信頼できる業者としてご愛顧いただいております。商品やサービスについてご関心いただけましたら、お問い合わせください。

安定した品質のスープを提供します







工場で生産するラーメンスープは大量の原料で生産するので、味のバラツキがなくなり味ブレが起きません。店舗で仕込んでいるラーメンスープと
同じレシピでオリジナルのラーメンスープを製造して欲しいという要望にもお応えすることができます。オリジナルのラーメンスープは250kg~承っております。
(※スープの種類によってロットは異なります)店舗展開を考えておられるラーメン店主様、味ブレで悩まれているラーメン店主様はお気軽にご相談ください。

 

 

  簡単にご利用いただけます

  当社の業務用ラーメンスープは冷凍でお届けします。







b
箱詰め全体

1.段ボールケースでお届けします

業務用冷凍ラーメンスープは段ボールケースに入って届きます。段ボールの中身を開けると板状の冷凍業務用ラーメンスープが入っています。5リットル(冷凍ラーメンスープ)×2パック、3リットル(冷凍ラーメンスープ)×4パックなど商品の規格があります。

b
箱詰め全体

2.冷凍ストッカーで保管します

業務用ラーメンスープは冷凍の板状となっているので、冷凍ストッカーに収納が可能です。必要な分だけ解凍すればよいのでロスが出ません。冷凍なので長期保存が可能です。                            

b

 ラーメンスープ開発の流れ

 豚骨、鶏ガラ、白湯、清湯、魚介タイプ等々、お客様のご要望により、多彩な食材を使用したガラスープの生産が可能です。




1.お問い合わせ

お電話(0120-453-880 )またはメール(oem@ramen-todai.com)から受付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

2.ご相談

担当者がお客様の要望する商品や、お悩み事などについてお伺いいたします。その際に、現在ご使用になられている「ラーメンスープ・たれ」やレシピなどできる限りの情報を頂ければ、初回サンプルは10日~2週間でご提供できます。(※原料によって異なります。)

3.試作品提出~味確認

頂いた情報やサンプルをもとに試作し、ご提示いたします。試作品をご確認頂き、お客様とのご相談により要望に合ったラーメンスープの完成を目指します。

4.商品決定・製造~出荷

お客様ご要望のラーメンスープを、ご希望の納期にお届け致します。(決定から納期は2週間が目安です)なお、必要に応じて製造工場で、初回製造立会いをして頂くことも可能です。※納期はラーメンスープの原料や仕様によって異なる場合がございます。納入先は店舗に直送することも、指定場所にお送りすることも可能です。(※原料によって異なります。)


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


☎お問い合わせ(0120453880) ✉お問い合わせ(oem@ramen-todai.com)


会社概要

株式会社 東大
〒770-0873 徳島市東沖洲一丁目5番地6
TEL 088-612-7076
FAX 088-612-7126
設立 2004年6月
資本金 4,000,000円
代表取締役 内藤 健太郎
決算期 5月


お問い合わせ

ラーメンスープの製造委託等について、ご検討いただけましたら、お問い合わせください。ご連絡お待ちしております。営業時間は月曜〜金曜 8:00〜17:00です。
oem@ramen-todai.com
☎ 0120-453-880
FAX 0120-453-881

コメントは受け付けていません。

b
箱詰め全体

3.使う分だけ寸胴に入れて溶かします

包丁などで包装パックに切り込みを入れ、包材を剥がします。凍った状態で行なってください。包材を剥がしたら写真の様に寸胴に入れてから必ず最初は弱火で溶かしてください。解けはじめたら強火で大丈夫です。​スープが溶けて沸騰したら大丈夫です。油断するとふきこぼれてしまう事がありますので注意してください。

b
箱詰め全体

4.平鍋で1杯1杯温めてご提供します

寸胴に入れて予め解凍しておいたラーメンスープをお客様のご注文が入った時に、1人前ずつレ―ドルですくって平鍋に入れて沸騰させます。一杯一杯をしっかりと温めて提供するので、寸胴の解凍した冷凍ラーメンスープの水分がとんで味が変化することもないので、毎回同じ味のラーメンを提供することが可能です。もし、その日に寸胴に残ったラーメンスープがあれば、冷蔵庫に入れて次の日使えます。

b